04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

あんちゃん


今年の春頃のことです。


 


「ママ、みてみて〜。」とあんちゃんが近寄って来ました


「うん、かわいいね〜」
と適当に返事をしながら振り向くと、手を離しているのに、折り紙がくっついたままです
「???…」
「どうやって、くっつけたの?」
と聞くと、
「あのね、のりでくっつけたの〜」
「え〜!!!?」
のりで直接、服に貼ったの〜



豪快なあんちゃんです!
見渡すと、部屋の壁のあちこちにも似たような折り紙がペタペタ貼ってありました



あ〜、賃貸マンションで良かった


 

ゴーヤーママ!?


大変です


じんましんが相当ひどくなってしまいました



普段の腕です。



じんましん出現後の腕です。


まるで、ゴーヤーみたい


写真ではお見せ出来ませんが、おなかにもおしりにもあちこち、びっしり、ぎっしりゴーヤーマンになってしまいました


びっくりです


今まで、こんなにすごいじんましんになった事がなかったので、物珍しくて、ちょっとおもしろがって写真をいっぱい撮ってしまいました。


数日前にじんましんが出てからはずっと大人しくしていたのに、簡単には治らないものなんですね〜


 


悩んだり、落ち込んだりするとよくないみたいなので、あんまり深刻に考えず、この状況をおもしろがる事にしようと思ってます。


三女、あんちゃんに、ゴーヤーだよって腕を差し出したら、「おいしいよ」って、ペロペロなめてくれました


ゴーヤー好きのパパに、夜中に料理されちゃわないように、気をつけなくちゃ

とびひ&じんましん

みんみんがひどい「とびひ」になってしまいました


まずは、軽い引っ掻き傷から始まりました


最初の段階で、とびひになりそうだとすぐに気づき、手持ちの塗り薬を塗って対処していましたが、写真のように、ひどく悪化させる結果をまねいてしまいました


 


皮膚科を受診したところ、「アクアチム軟膏」を塗る様に指示を受け、さらに、体の内側からも菌に対抗させるために抗生物質の内服薬も処方されました。


薬を飲み始めて1日経ったぐらいから良くなってきたので、ようやく、一安心です


 


それにしても、このとびひ。


すごいスピードであっという間に全身に広がり、傷口もおどろおどろしくてびっくりです


きちんと治療法の確立された、現代人として産まれてくれて、本当に良かったです。


もし、とびひに効く薬がなかったら・・・と考えると、ぞっとします


 


そんなこんな、ドタバタ皮膚騒ぎの一方で、ママの全身にじんましんが出現するようになりました



腕です。



太ももです。


 


あちこち、蚊に刺されたような赤い発疹が体のあちこちにでき、そのかゆいこと、かゆいこと


夏休みに入ってからもラジオ体操だとか、夏祭りの手伝いとか、色んな役員の仕事があり、それが一段落したのが2日前。


そして、全身にじんましんが出現したのが、昨日。


一息ついて、ほっとしたから出たのかしら?


早く治ってくれるといいのですが・・・。


 


こんなにママがかゆみに耐えて、苦しんでいる一方で、三姉妹はあっちでぎゃーぎゃー、こっちでぎゃーぎゃー、泣いたり叫んだり、けんかしたい放題です


ちょっとはいたわってくれないかな〜と思って、じんましんを見せても効果無し。


おもしろがって、「ぷにぷにする〜」と触ってきたり、気持ち悪がったりするだけです。


あ〜あ、夏休み、早く終わらないかな〜。


 

足が臭い!


先日、品川のエプソンアクアスタジアムに行ってきました。


イルカやアシカのショーを見て大満足で帰ってきました。


三女あんちゃん、家に帰ってくるなり、靴下を脱いで,鼻に近づけてクンクン。


そして、「くしゃいね〜。」と一言。


が〜ん。あんちゃんに靴下の匂いをかぐという変な癖があろうとは、全く知りませんでした。


しかも,臭いってわかっていながら臭いをかいでいる訳ですよね。


っていうか、3歳児でも靴下、臭くなるんですね〜。


ということは、足も臭いのかしら?


 


さらに、だめ押しで、「あんちゃんね、いちゅも靴下がくしゃいから脱ぐんだよ。」とのこと。


が〜ん。が〜ん。


いつもどこへ行っても靴を脱ぐとすぐに靴下を脱いでしまうあんちゃん。


裏に、そんな理由があったとは・・・。


 


3姉妹をこよなく愛しているママとしては、確認の為に臭いをかいであげました。


ほっ。


大丈夫。いいにおいがしました。


・・・。


もしかして、親ばか?

三女の入園!


久々の投稿になってしまいました


しばらく書かないうちに、すっかり季節も変わってしまいました


りここは小学校3年生、みんみんは年長さん,あんちゃんは年少さんになりました


少しでもあんちゃんの幼稚園生活が楽しくなるようにと、毎晩遅くまでかかって、入園グッズを手作りしました


あんちゃんの大好きなプリンセスの生地を使って,バッグ,水筒ホルダー、座布団カバー、巾着袋etc.  色々なものを作りました。


 


通園バッグです。リボンは別の布の裏に接着芯を貼って補強し、形をつくリました。


同じ様にリボンを作って、髪ゴムにしたら、可愛いですよね



水筒カバーです


もともと付いていたカバーのデザインを真似て、プリンセスの布で作ってみました。



お弁当グッズです


食べる事が嫌いなあんちゃんが少しでも楽しく、お弁当の時間を過ごせる様にと工夫しました。


 


これらのグッズのお陰なのか、みんみんが幼稚園に居てくれるからか、色んな理由があると思いますが、あんちゃんは、楽しく幼稚園に通ってくれています


 


実は、あんちゃんの入園を一番喜んでいるのが、みんみんです


年少・年中の頃は、しきりに幼稚園に行きたくない〜とか言って、ママを困らせていたのですが、年長になってからはぱったりと言わなくなりました。それどころか、休みの日も「今日、幼稚園があったらいいのにな〜」と幼稚園が楽しくて仕方がない様子。


最初は、あんちゃんが幼稚園に居るから楽しいのかな〜?と思っていたのですが、幼稚園では全くあんちゃんと遊んでいないみたいなので、関係ありません


 


勘のいい方は、理由がわかりますか?


実はみんみん、幼稚園に行っている間、ママとあんちゃんが二人で居る事に焼きもちを焼いていたのです


幼稚園はすごく楽しかったんだけど、あんちゃんとママが楽しく過ごしているんじゃないかと考えただけで、いても立ってもいられず、幼稚園に行きたくなくなっていたんですね〜


だから、あんちゃんが幼稚園に入園して、その心配がなくなったので、幼稚園が楽しくて楽しくて仕方がないようになったんです


なるほどね〜


 


人一倍、気遣いができて心優しいみんみん。


口に出して言う事がなかったので、、あんちゃんを羨ましがっていた事に長い間,気づいてあげられませんでした。


みんみんにとって、幼稚園生活は残す所あと、9ヶ月ちょっと。


もっと、みんみんと二人になる時間を作ってあげたり、スキンシップをしてあげたいな〜と思います


 


そうそう、今までは、幼稚園の送り迎えの時に、あんちゃんと手をつないで反対側の手には園リュックとか水筒とか荷物を持っている事が多かったんですが、たくさんの荷物を持ってようと、その手でみんみんと手をつなぐようにしました。


時々、肩から荷物が落っこちて、みんみんの肩にどすんと移ってしまう事もありますが、それでも、みんみん、すっごく嬉しそうです


ただ、狭い道路では、横1列に3人が並ぶと危ないので、手をつないだまま、縦一列になってカニ歩きをしています。


かなり、間抜けな感じの歩き方ですが、それでも3人の心はぽっかぽかです


3姉妹、全員を平等に育てるのはすごく難しいと思いますが、それぞれとの関わりを大事にしてお互いに焼きもちを焼かなくても済む様にしてあげたいな〜と反省させられました。

IMG_0623[1]

リンク

IMG_0620