10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

表示切り替え

動く広告非表示のスマホ版サイトは ここをクリック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改名?

みんみん、前回の投稿以降も、情緒不安定になるらしく、頻繁に赤ちゃん返りをしています


 


「ばぶちゃん」と呼ばないとお返事してくれないし、家の中では、「ばぶばぶ」と言いながら、はいはいで移動。


トイレに行きたい時もトイレの前で、電気をつけようとして、はいはいの姿勢のまま、「ばぶっ、ばぶっ」と必死でジャンプ


端から見ると、ちっとも赤ちゃんらしくなく、ただのカエルジャンプなのですが、本人は至ってまじめに赤ちゃんを演じているつもりです。


 


そんなみんみんの姿を見た、あんちゃん


みんみんのことをとてもうらやましいと思ったのか、自分でも必死に名前を考えました


どういう思考回路で導き出した名前なのか、皆目検討がつかないのですが、


新しく決まった名前は、


「にゅ〜ちゃん


「あんちゃん」って読んでも、返事すらしてくれない徹底ぶりです


「にゅ〜ちゃん」って、私にはあまりにも馴染みのない名前なので,なかなか覚えらませんでした


名前を呼ばないと話を聞いてくれないので,必死に思い出して,「にゃ〜ちゃん」って呼びかけると、すかさず、「ちが〜う!にゅ〜ちゃんなの!」と、ダメだしが来ます。


ややこし〜い名前なのに、きちんと把握してるんですね。


ここ2〜3週間ほど、ず〜っと「にゅ〜ちゃん」で通しているので,よっぽどお気に入りの名前です。


 


最近では,さらに徹底してきて、言葉の語尾に必ず、「にゅ〜」がつくようになってきました


「あんちゃんも行くにゅ〜」


「おなかすいたにゅ〜」


といった具合です


家の中だけにとどまらず、外出先でもどこでもところ構わず、使ってくれるので,こちらは大変


たとえば、少し離れた位置にいるあんちゃんを呼び止めようとしても「あんちゃ〜ん」と呼びかけたのでは無視されるので、


大きな声で,「にゅ〜ちゃ〜ん」。みんみんにも「ばぶちゃ〜ん」と呼びかけないといけません


かなりの確率で、誰かが振り返ります。


結構、注目されます。


 


はじめは恥ずかしかったのですが,もう慣れてきてしまってなんでもこい、状態です


人前だろうが、図書館だろうが,父母会だろうが、どこでも「にゅ〜ちゃん、かえるにゅ〜よ。」「にゅ〜ちゃん、おトイレ,大丈夫にゅ〜か?」と平気で聞ける様になってきました


きっと、事情をしらない人には、怪しい家族だと思われてるんだろうな〜。


 


みんみん、あんちゃん、私たちの側からお友達が離れて行ってしまう前に、早く、もとの名前に戻って下さい


絶対ににゅ〜ちゃんよりあんちゃんって呼ばれる方が素敵だと思うよ〜


 


 

七五三のお参り


先週末、りここの7歳のお祝いに、七五三のお参りに行ってきました。


(手前の3人が左から,みんみん、りここ、あんちゃんを抱っこしているママです)


パパと、川越に住んでいるおじいちゃんとおばあちゃんにも一緒に行ってもらいました。


 


私と姉が子供の頃に着た着物を着せました。


昔ながらのレトロな着物で、重厚感があったので、髪型は今風にウィッグを付けて,サイドにたらしてみました。



ママが着付け&ヘアメイクをしたので、最後の方は崩れてきてしまって大変でしたが,お陰でお安くすみました。


 


12月27日であんちゃんは3歳になります。


りここと一緒に3歳のお祝いをすることも可能でした。


ただ、きょうだいが多い子は、一人っ子さんと比べると、なかなか自分一人が主役になれる機会がありません。


我が家では夫婦で話し合い、なるべくなら一人一人が主役になれるように、一人ずつお祝いをすることにしました。


 


そんなわけで、我が家の七五三のお祝いは,自然と回数が多くなってしまいます。


お宮参りも含めると、すごい数です。


 


2004年・・・りここ北海道神宮にてお宮参り


2006年・・・みんみん北海道神宮にてお宮参り


2007年・・・りここ川越氷川神社にて3歳のお参り/らかんスタジオで写真撮影


2008年・・・あんちゃん明治神宮にてお宮参り


2009年・・・みんみん川越の喜多院にて3歳のお参り


2010年・・・みんみんらかんスタジオにて3歳の写真撮影


2011年・・・りここ川越の喜多院にて7歳のお参り&スタジオアリスとらかんスタジオで写真撮影


2012年・・・(予定)あんちゃん3歳のお参り&写真撮影


2013年・・・(予定)みんみん7歳のお参り&写真撮影


 


こうして並べて書いてみるとびっくりです。


2004年からほとんど毎年、七五三やらお宮参りを行っています。


だんだん子供達が大きくなってきたので,少しずつ楽になってきましたが,最初の頃は、誰かがぐずったり、泣いたり,寝ちゃったり,途中で授乳が必要だったり、なんだかんだと大変だったな〜。


そんなママに、みんみんがねぎらいのお手紙を書いてくれました。



「ままままへらいへらいまませかいちへらんだよ」


これのどこがねぎらいのお手紙なの?と思ってしまいますよね!


なんだか、ママがいつもへらへら笑っているような印象を受けるお手紙ですよね!


でも、みんみんがそれはそれは、嬉しそうに、「ママ,いつもありがとう!」と言って渡してくれたので,きっと、良い内容が書かれている事に違いありません。


 


みんみんに、読めないから教えて、って頼んでも怒るばかりで教えてくれません。


りここに聞いてもさっぱりわからないと首をひねります。


解読までにかかった日数、約1週間。


この暗号文はなかなか難しかったです。


きっと、3姉妹ママ意外に解読できる人は居ないんじゃないかな〜と思うぐらいです。


 


少し前に、「◯◯さんへ」ってお手紙を書く時は、「◯◯さんえ」じゃなくて、「へ」って書かないといけないんだよ、って教えてあげていた事が大きなヒントになりました。


では、上の文を句読点を加えて、漢字・カタカナに変換して書き直してみます。


「ママ、ママ,偉い偉いママ、世界一偉いんだよ。」


なるほど〜。


そうだったんですね。


このお手紙、解読できたお陰で、ママの宝物になりました。

私って、すごい!

約3週間の海外出張から、パパが帰ってきました


リマからロサンゼルスへ約9時間,その後日本へ約12時間のフライトを経て、家に着いたのは、20時ちょっと過ぎでした


時差12時間の地域からの帰国で、相当疲れている様子でした


若い頃はなんともなかった時差が、年を取るにつれてだんだんと身体に堪え出したようです


 


当然,次の日はゆっくりさせてあげたいところですが,休む間もなく、北海道へ1泊2日で出張に行かなければなりません


しかも、なんと朝の5時半に家を出ないといけないとのこと


夜遅くまでかかって、荷物をほどいたり、まとめたり、結局、寝たのは2時近くでした


それなのに、パパさん、きちんと朝5時に起きて,家を出て行きました


 


身体は大丈夫かしら,ぼーっとして事故にでも会わないかしら,と心配しましたが、なんとか無事に1泊2日のの国内出張を終え、夜の20時半頃に家に帰ってきました


帰ってきてから,10分頃経過した頃だったでしょうか。


血相を変えて、「会社のパソコンを忘れた!」


と騒ぎ始めました


帰りの飛行機で、座席の前のポケットに入れたまま,帰ってきてしまったようです


会社の大事なデータ等が入っているパソコンです。しかも、パスワードロックしていないらしく、大変な事態になってしまいました


 


子供達の世話を急いで終わらせ,寝かしつけをし、慌ててパパの元に来てみると,何やらネットで「JAL紛失届け受付」フォームに入力をしています。


聞いてみると、窓口はどこも営業を終了しているらしく、それ以外に方法がないと言っています。


入力しているパパは,相当,落ち込んでいて,がっくりしています。


大事な会社のパソコンをなくしてしまったことが、会社に知られたら,減給だけでは済まされず、降格、もしくは、責任を取って辞職なんてことになる可能性もあるかもしれません


ほんとに、ほんとに、一大事です


落ち込んでいるパパに付き合っている場合ではありません。私がなんとかしなければ!!!


 


まずは、ネットで、夜遅くても空いているJALの窓口を捜そうとしました


ところが、どの窓口も遅くとも20時までで受付を終了しており、有力な情報は得られませんでした


載っている電話番号に手当たり次第かけてみましたが、どこもつながりません


次にタウンページを調べてみました。


あいうえお順の記載の場所に情報はありませんでした。


でも、別のページに各空港の見取り図が記されていて,その隅に、羽田空港の総合案内の電話番号を発見早速、その番号に掛けてみました


電話に出て下さった方に、すごく大事なパソコンをなくしてしまったので、なんとかJALの方と話をさせて頂けないか,と必死で懇願しました。


すると、電話応対してくださった方は,最初は断ろうとされていたのですが、私の真剣さが伝わったらしく、なんとかお話を出来る方を捜してみます、と言って下さったのです


折り返し電話を下さり,「22時までならこちらの番号で対応してくれます」と、教えて下さいました


なんと、そのとき、22時まであと、10分


 


慌てて,電話をしてみると、すんなり、「お捜しのパソコンは届いております」とのこと。


しかも、「明日の朝、5時半から窓口で受け取れます。」とのことでした


という事は,早朝、羽田空港に寄り、何事もなかった様にパソコンを持参して会社に行く事が可能なのです〜


 


もう、私って,なんて、できた奥さんなのかしら!


簡単にあきらめずにふんばる、素晴らしい行動力!


いや〜、この時ばかりは自分で自分を褒めちぎりました


大事に至らなくて良かった。


総合案内のお姉さん、本当にありがとうございました。


ほんとに、ほんとに、良かったです。


 


普段は,そういうミスを絶対に起こさない、パパなのですが,今回はよっぽど疲れていたのでしょうね。


こういうハードスケジュールの出張は、もう、無いと良いのですが・・・。


とにかく、今回は、ほんとに良かったです


次の日,パパは,寝不足にも関わらず、頑張って早起きして空港へ向かい、遅刻する事なく、何事もなかった様に会社にパソコンを持参して行く事が出来ました。


めでたし、めでたし。


今週末,ご褒美に、新しい服でも買ってもらおうかな〜。

心のバイブル。

久々のブログ更新です。


これまで、読んで下さる方が真似してみたくなるような子育て生活をお伝えしたい、という気持ちをこめてブログを書いてきました。


ところが、自分の調子がいい時は、すいすい書けるのですが、調子の悪い時には全く書けないのです。


 


そう、私、今、結構ひどいコンディションなんですよね・・・。


風邪を引き、肌はボロボロ、生活リズムも不規則で、精神状態も不安定・・・。


そんなママの気持ちが伝わってか、子供達もいつも以上にグズグズ言います。


 


「絶対、俺が協力するから、3人産んでほしい!」と強く主張していたパパは、海外出張やら国内出張でほとんど家に居ません。


たった一人で、サークルの役員活動やら3人の子供達の習い事など、毎日が忙しくてばたばたしている時に、突然、家のプリンターが壊れました。


日常生活の中で、かなり使用頻度が高い家電だったので、ショックが大きく、落ち込んでいたところ、次は、携帯電話がいきなり壊れてしまいました。


何の理由もなく、いきなり電源が切れたまま再起動できなくなってしまいました。


データのバックアップをとっていなかったので、友達や親戚の住所、電話番号、誕生日や子供の名前などのデータ全てが失われてしまいました。


ますます、肌はボロボロさに磨きがかかりだし、最悪の状況です。


 


そんな私の気持ちなどお構いなしに、子供達は好き放題、騒いでくれます。


掃除をして振り返ると、きれいになったはずの場所がもう、ぐちゃぐちゃ・・・。


3人で仲良く遊んでいてもすぐに大げんかをし始め、たたいたり、たたかれたり・・・。


ちょっと注意しただけで、すねたり怒ったりしてママをたたいてきたり・・・。


もう、色んな事が積み重なって、ママのイライラが最高潮に達した時、思い出しました!


この本の存在を・・・。


 



この本。ちょっと、読んでみて下さい。




この本を読むと、子供にとっても優しくなれます。


子供に掛ける言葉のひとつひとつが、思いやりを持った言葉に変わります。


私は、たいていの本を図書館で借りるので、買う事がほとんどないのですが、この本だけは常に手元に置いておきと思い、買いました。


子供を叱りたくなったとき、開いてみると、冷静になれます。


また、子供を叱ってしまったとき、開いてみると、子供を抱きしめ、叱った事を謝る事が出来ます。


この本のお陰で、子供の気持ちを思いやる事ができます。


グズグズ言う子供の気持ちをくんであげることができます。


本当に素敵な本なんです。


 


よし!色々、書いているうちに、元気がでてきました。


年配の方からよく、「可愛いのは、小さいうちだけよ〜。」って、言われます。


日常生活に追われていると、ついつい忘れがちですが、とっても大事なことだと思います。


もう、二度と取り戻す事ができない、今を大事にして、悔いのない子育て生活を送りたいです。


肌がボロボロだ、とか、携帯が壊れた、とかつまらないことで落ち込んでいる場合じゃないですね。


可愛い3人の子供達と、楽しい毎日を過ごせる事がどれだけ幸せな事か、思い出す事ができました。


明日から、また、頑張ります。


次回のブログは、前向きな内容が書けると思います。


 

カニ!

我が家の普通の会話です。


みんみん「カニに刺されたよ〜


ママ「そっか〜、かゆいね。お薬、塗ろうね!」


みんみん「うん。みんみん、カニ、だいっきらい


あんちゃん「あんちゃんもだいっきらい


 


これ、何の話か、わかりますか?


勘の良い方ならおわかりですよね?


 


我が家のマンションの駐輪場にはこの季節になると、大量の蚊が発生します


みんみんは特に刺されやすいらしく、いつもあちこち刺されてぼこぼこになってしまいます


3歳ぐらいのときのことです。


みんみんに、


「また、蚊に刺されたね。嫌だね。」


などと、話をしていると、みんみんは


「うん。蚊にに刺されて嫌だよ〜。」


と返事をしてくるのです。


変だな〜と思って、


「みんみん、『にに』っておかしいよ。『に』は1回でいいんだよ。」


という注意をしていたのですが、なかなか通じません。


その後もいつも同じ表現が続くのでほんとに不思議に思っていました。


 


そして、あるとき、みんみんが飛んでいる蚊を指差して、「あ、かにだ!」と言っているのを聞いて、ようやく判明したのです


『蚊にに』と言っていたのではなくて、『カニに』と言っていたんですね


納得したみんなは、それはそれは笑いました


おなかを抱えて、大笑い。いくら笑っても笑いが止まらないぐらい笑い続けました。


一方で、みんみんの小さな心は大きく傷付き、プライドがことごとく打ち砕かれたのです


それ以来みんみんは、勘違いがわかったにも関わらず、わざと「蚊」のことを「かに」と呼ぶようになったのです


あの時の屈辱を忘れられず、いまだに、「かに」と言い続ける事で、プライドを守ろうとしているのです。


すっごい、頑固ちゃんでしょう


かれこれ2年続いていますが、一体いつまで貫き通せますかね


可哀想だから、私が2年前の事を謝って、間違いを正してあげた方がいいかしら?

プリキュアの心配!

3姉妹がプリキュアをみていました!


話が盛り上がってきたところで,いよいよプリキュアの変身シーンになりました。


りこことみんみんが半ば、興奮状態で、「ママ,変身するよ!見て!見て」と言ってきました。


見に行ってみると、二人とも大はしゃぎで「レッツ プレイ、プリキュア モジュレーション!」と変身シーンを真似したりしています。


その横で,あんちゃんももちろん、大興奮して、一緒に大声で叫んでいます。


 


ただ、よく聞いてみると、叫ぶ内容が他の二人とちょっと違ってました。


あんちゃんは一生懸命、


「おなかが寒いじゃないか!しまって、しまって〜」


と言ってました。


え〜あんちゃんの大興奮の理由はそこなの〜


確かに、変身して,普通の洋服から上下セパレートのレオタードに変わって、おへそが丸見えですが・・・。


風邪,ひいたら困るもんね。


3人で、大笑いさせてもらいました

臭いのに、いいにおい?


我が家の三女、あんちゃんは新陳代謝が活発なせいか、頭がとっても臭います。


長女りここも二女みんみんも暑い日にたっぷり汗をかいた後でも、夜までほとんど臭う事はないのですが、あんちゃんは毎日、髪の毛や頭皮を丁寧に洗っていても次の日の朝には臭い始めます。


 


いつも、自転車に乗る時は,前の子載せイスにあんちゃんが座って,後部イスにみんみんが座ります。そうすると、ちょうどママの鼻先にあんちゃんの頭があるような形になります。


自転車をこいでいると、あんちゃんの頭の臭う事、臭う事、それはそれは、臭います。


ただ、私。この臭いが嫌いじゃないのです


臭い、ではなく、匂いとまで言いたくなるような感じで、気づくと、頭に顔を近づけては、クンクンしてしまいます。


嫌いじゃないどころか、好きなのかも・・・


普段はクサい臭いは嫌いだし,わざわざ嗅いでみたいと思う事はないのに、あんちゃんの匂いは特別なのです。


本来ならクサいはずなのに、いい匂いに感じてしまうのは、あんちゃんの事をとっても愛しているからかしらね



りここやみんみんが臭わないということは、ある程度の年齢になると、頭から匂いがしなくなるってことですよね


今のうちに,たっぷりクンクンしておかないといけませんね

二女の抜け毛(> <)


最近,二女、みんみんの髪の毛が頻繁に抜けるようになりました


髪の毛を洗った時に、2〜30本。


乾かすときにも2〜30本


朝、起きた時も2〜30本


生まれてから今までで,こんなに抜けるのは初めてです。


 


ネットで調べてみると、子供の抜け毛の原因はほとんどがストレスによるものだそうです。


でも、みんみんに辛い事や悩んでいる事があるかどうか聞いてみても、特に思い当たるふしは無く,私にも原因がわかりません。


抜け始めたのは,プール熱に罹り,立て続けに手足口病に罹り,それらが治ってようやく一安心し始めた頃です。


病気が治った頃にはじまる抜け毛があるのかしらと思い、調べてみましたが,そのような報告はどこにもされていません。


思い当たる事と言えば,夏休みに入り,夜寝る時間が遅くなっていること、ですかね・・・。


 


みんみんも髪が抜ける事にショックを受け、


「おじいちゃんみたいになったらどうしよう・・・


と落ち込んでいます。


おじいちゃんの名誉の為に断っておきますが,みんみんのおじいちゃんは決して孫に落ち込まれるようなヘアスタイルではありません。


ただ、若い頃の写真と比べると、少し変化が見られる程度です。


さらに,おばあちゃんが、時々、仲の良いおじいちゃんをからかって、髪が薄いというような内容の発言をされるので、それを聞いたみんみんが、『髪が抜けると、もう2度と生えてこない』という勘違いをして、ショックをうけてしまったのです。


頭の隅々をくまなく見てみましたが、円形脱毛症のような箇所はみつかりませんでした。


一時的な抜け毛だと良いのですが、とにかく、とにかく、心配です。


これからは、遅くとも8時半までには寝るようにし、規則正しい生活を心がけますので、早く抜け毛が収まってくれますように



またもや・・・(> <)


一昨日あたりから、みんみん(二女)とあんちゃん(三女)が舌を痛がり、よく見ると口内炎ができてしまっていました。


ずっと、風邪を引いていたせいで、しばらく食事をきちんと取れなかったので,ビタミン不足のせいかしら?と思っていたのですが,二女の口の中に1カ所のみならず、数カ所口内炎を発見


もしやと思い、身体のあちこちを調べてみると、やっぱり〜〜


ありました、ありました。


手のひらと足のあちこちに赤い発疹,そして、口の中のあちこちに口内炎が・・・


焦りながら,三女の口の中を調べてみると、やはりこちらも数カ所の口内炎を発見


そうです。


これは、紛れもない、手足口病です


 


口内炎,写真では上手く撮れなかったのですが、口の中のあちこちに大きな白い出来物ができ、本当に痛そうです。


私だったら,痛くて、辛くて、一日中不機嫌になること間違いなしなのに、みんみんもあんちゃんもにこにこ笑ったり,優しい言葉をかけてくれたりしてくれます


普段より、機嫌が悪くてぐずることもありますが、一日中ぐずったりはしていません


自分の機嫌に左右されて、子供達に接する態度を変えてしまうママよりも、よっぽど人間ができています


みんみん、あんちゃん、えらいよ、すごいよ


 


病院で診察してもらい、口内炎のお薬を処方してもらいました。


幼稚園にも行っても大丈夫、とのことです。


手足口病、我が家では初めて罹った病気なのですが、痛い以外は,すぐに通常の生活ができる,恐くない病気なんですね


早く治るといいな

発表!

このブログでは,いままで、3姉妹の名前を伏せてきました!


パパが、3姉妹の名前を出す事に否定的で,顔がわかる写真はもちろん、名前を出すなんてとんでもないという意見なのです。


でも、長女、二女、三女、と書くのは違和感があって、パパと交渉を繰り返していました。


そして、ようやく、あだ名であれば書いてもいいという許可が下りたのです


というわけで、ぱんぱかぱ〜ん発表します。


 


まずは、長女


「りここ」です!


4月頃から、マンションのお友達からこう、呼ばれるようになりました!


 


最近、学校で,親と先生の個人面談がありました。そこで、先生から


「いつも頑張りすぎているように思います。悪い事をすると、ご両親から嫌われるんじゃないかと思っているんじゃないかと思います。悪い事をしても、どんなりここちゃんでもお父さんやお母さんはあなたのことが好きなんだと言う事を伝えてあげて下さい。」


という、ありがたいお言葉を頂きました。


その事をりここに伝えた結果,今,必死で悪い子になろうと努力しています。


ただ、優等生タイプが身に染み付いているりここなので、急に悪い子になるのはちょっと難しいみたいです。


ママの身体をくすぐってきたり、食べたお皿を片付けなかったりと、すっごく小さないたずらや反抗をして、満足しているようです。


可愛いでしょ?


 


次に、二女


 「みんみん」です!


本人が本名よりもこの名前で呼ばれるのを喜んでいたため、今では,幼稚園のお友達も新体操の先生も、みんみんって呼んでくれるようになりました!


幼稚園生活2年目なのに、「幼稚園に行きたくない〜」、「ママと一緒に居る〜」とずっとずっと泣いていましたが,そんなみんみんに幼稚園で大親友ができました!


大親友が出来たお陰で、幼稚園に行くのが楽しくて楽しくて,喜んで行ってくれるようになりました。


みんみんとそのお友達は、とっても背が小さくて,細くて,二人とも年少さんみたいな体型です。


幼稚園が終わった後、30分間、園庭で遊んでいいのですが、その後は速やかに帰るように促されます。


ママ達が、「帰るよ〜」と声掛けすると、二人とも「やだ〜」「帰らない〜」ときゃあきゃあ言いながら,園庭を走り回って逃げます。


毎日、毎日、暑い中、この追っかけっこが繰り返されるのですが,私は追いかけながらいつもいつも、『あの、泣いてたみんみんが、こんなに嬉しそうに駆け回っている・・・』と、嬉しくて、嬉しくて,目頭が熱くなってくるのです。


ほんとに、いいお友達ができて、良かった


 


そして、三女。


「あんちゃん」です!


自分でもあんちゃんと呼んで,気に入っているようです。


 


このあんちゃん、最近,水鼻が止まらない状態がつづいています


「鼻をチンしようか」と言って、ティッシュを鼻にあてると、上手くチンすることが出来ず、何を勘違いしたのか、口で「チン」と言ってくれます


あんちゃんには難しかったかな〜と思って,じゃあ、「鼻をフンしようか」と言うと,またもや口で「フン」と言ってくれます


「違うよ、こうするんだよ」と、りここやみんみんがいくら見本をみせても、「チン」「フン」と繰り返して言うばかり


今では,ティッシュで鼻を拭うたびに、要求しなくても必ず「チン」「フン」と律儀に繰り返して言ってくれます。


 


この「チン」と「フン」、何も意味が無いと思われるかもしれませんが,私たち家族はこの「チン」と「フン」を聞くたびにすご〜く癒されるので、なるべく長い間,間違いに気づかないで言い続けてほしいな〜と願っています


 


 

プロフィール

bomochan

Author:bomochan
3姉妹ママの子育て日記です。
長女りここ、二女みんみん、三女あんちゃんの三姉妹とコイケルホーンディエのレックス君のママです。

最新記事

楽天ショッピング

最新コメント

カテゴリ

IMG_0623[1]

リンク

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
IMG_0623[1]

amazonショッピング

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。