04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

カイコが産卵!part2

8月4日に投稿した、「カイコが産卵!」のその後のご報告です


 


私の実家に帰省している間の約2週間、おじいちゃんとおばあちゃんはそれはそれは大切に、大切に、毎日、カイコのお世話をして下さいました


預かってもらった当初のカイコです



どんどん大きくなります



さらにどんどん大きくなって、最後には段ボール4箱分にもなりました



マユを作りやすい様に、個別のお部屋も作って下さり、



カイコ達は、部屋の中にきちんとまゆを作ってくれました


 


こんなにまで愛情をかけて育てて下さり、感謝しても感謝しきれないほどありがたい事なのに、一方のりここはというと、どんどん熱が冷めて行き、だんだん、関心が薄れて行き、最後には、「もう、おじいちゃん達にあげよっかな〜。」なんて無責任きわまりない発言をしたりしていました


おじいちゃん達がカイコの世話を一生懸命してくれているのは、りここの為なんだと言う事を言って聞かせ、東京に戻ってきてからは20匹ほどを家にもって帰り、自分でも立派なまゆに育て上げる事ができました


そして、先日、おばあちゃん達と一緒にマユ人形作りをしました



大量のまゆが取れました。



まゆに切り込みを入れて、中からさなぎを取り出します。



さなぎが恐くて触れないりここは、切り目を入れる役割を買って出て、さなぎを取り出す作業はおばあちゃんと妹二人におしつけました


かく言う、私もさなぎは苦手で、どれだけ勇気を出しても触る事ができなかったので、同じ穴のむじななのですが・・・


 


この取り出したさなぎさん、固まっていそうですが、触ると動きます


プルン、プルンとおしりをくねくねさせるのです


りここと私は、もう、それだけで鳥肌が立つくらい恐いのですが、せっかく育ててくれたおじいちゃんや、おばあちゃんを前にして、怖がるわけにはいきません


それに、ママが、「きゃー。」とか「恐い〜。」とかって、言ってしまうと、みんみんやあんちゃんも真似をして怖がるようになるとかもしれないので、口先だけではなんとか「さなぎって、実は可愛いね」なんて、強がっていました。



そのお陰か、最初はびくびくしていたあんちゃんでしたが、可愛い〜なんて言いながら、さなぎさんをつんつんしながら遊び始めました


すごい!あんちゃん、我が子ながらあっぱれです。


みんみんも、もともと虫好きなので、全く平気でさなぎをかわいがっていました。


 


そんな風にしながら、取り出したさなぎがこちら。



たくさんのまゆが取れました


 


このまゆを使って、みんなでマユ人形作りをしました。



おばあちゃんの作品です


すごく上手で、子供達は大喜びしていました。



こちらはママの作品。


つまようじを突き刺して、顔を取り付け、立体的に仕上げました。



こちらはりここの作品。


さなぎを取り出す時に切り込みを入れた部分を帽子にして、もう一つのマユを組み合わせて、上手にいも虫君を完成させました。



みんみんの作品。



あんちゃんの作品。


 


みんな、上手によくできました。


かいこさん、素敵な体験をさせてくれてどうもありがとう。


 


取り出したさなぎがどうなったかと言うと、なんと、おじいちゃんのおうちに置いてきちゃいました。


りここの事を無責任だとか言っておきながら、一番無責任なのは、私でしたね


おじいちゃん、おばあちゃん、面倒な事を押し付けてしまって、本当にすみませんでした


これからは、もっと、もっと親孝行できるように頑張りますので、許して下さい〜。

関連記事

桑の木は今?

蚕の餌の桑の葉、お盆過ぎには、ほぼ無くなってしまったが
今は、新芽が元気に出て、若草色をしています。蚕の生育中は、朝晩、葉を採られ・・・・ご苦労さんでした。今年は、もう蚕は、来ないだろうから、元気出して太く・大きくなっててね・・・・・!!!!

どうもありがとう

おじいちゃん、おばあちゃん毎日、カイコのおせわ
ありがとう

Secret

IMG_0623[1]

リンク

IMG_0620