09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

表示切り替え

動く広告非表示のスマホ版サイトは ここをクリック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かたつむりの卵!


みんみんが大好きなかたつむり!


夏休み中、長期間、家を留守にしていたため、おじいちゃんとおばあちゃんに預かってもらっていました。


東京に戻ってきてからもなかなか取りにいけず、先週末にようやく取りに行く事が出来ました


 


さて、そのかたつむり。


おじいちゃんのおうちで美味しいお野菜をたくさんもらったお陰か、大量の卵を産みました!


初めて見る、かたつむりの卵にみんなみんな興味津々でした。


というか、そもそも、かたつむりが卵から孵る生き物だったなんて、初めて知りました


初めてみるその卵は、直径2mmほどの白っぽい色で、丸い形をしていました。



上の写真の下の方に写っている小さな丸い粒ですが、わかりますか?



こちらの写真では、上の方に写っています。


 


一体、いくつ産卵したのかわかりませんが、土の表面だけではなく、土の中までぎっしり大量に卵があります。


これらの何割が孵るのかわかりませんが、1割でも孵ったら、大変な事になりそうです


 



こちらは、孵ったかたつむりです。大きなカタツムリの横に、赤ちゃんかたつむりが2匹居るのですが、わかりますか


 



ちょっと、調べてみたのですが、カタツムリの殻には右巻きのものと左巻きのものがあるようです。


上の写真で殻が写っている4匹中、右端の2匹と左端の1匹は、左巻きのかたつむり、真ん中の1匹は右巻きのかたつむりのようです。


日本にいる多くのカタツムリは、右巻きらしく、左巻きのカタツムリは少数派のようです。


殻の向きは遺伝するようなので、産まれてくる赤ちゃんはほとんどが左巻きになりそうです。


 


 



かたつむりの写真を撮っていると、中の1匹が猛烈に存在をアピールしてきました。


触覚を盛んに伸ばしてきて、「私を撮って〜」と言わんばかりです。


その時、「???!」


2本の触覚の下に、もう2本、触覚を発見


いや〜、びっくりしました


ご存知でしたか?


実は、常識だったりするのかしら?


私は全く知らなくて、触覚は2本だと思っていたのです!


本当は、触覚が4本あるんですね!


私、カタツムリを飼い始めて随分と経つのに、初めてしりました


 


触覚4本は大きな触覚2本と小さな触覚2本にわけられます。


大きな触覚の先には、目がついています


その下にある、小さな触覚は、匂いを感じる役割を果たしているそうです。


かたつむりには耳がなくて、音が聞こえないので、大きな音がしても触覚を引っ込めないんですって。


ちょっと、以外ですね。


 


さて、カタツムリは、雌雄同体なんです。


1匹で、パパとママの両方の役割を果たします。


最近、あんちゃんは、金魚とかすずむしとか、生き物が飼育ケースに入っているのをみると、「どれがパパとママなの?」って聞いてきます。


いつもは、ちょっと体の大きそうなのを見つけて、これがパパかな〜、こっちがママかな〜って答えているのですが、カタツムリに関しては、全部がパパとママなんですよね!


あんちゃんに、張り切って説明してあげると、


「すっご〜〜〜〜い!!!」ってびっくりしてくれました!


予想外に、いい感じのリアクションで、ママは嬉しかったのですが、いつもはよくしゃべるあんちゃんなのに、それ以外は一言も発せず・・・。


実は、意味が通じていなかったかもしれませんね・・・


 


かたつむりの今後については、また、ご報告します!



関連記事

Unknown

うっしーへ
カタツムリの事、調べてくれたのね
カタツムリが交尾した時は、どちらかがパパとママの役割を果たすんじゃなくて、どちらもが同時にパパとママの両役を担うんだって。だから、2匹とも同時に卵を産む事が多いんだって。今回の卵は、2匹分の産卵って事なんでしょうね!

山おばさんへ
カタツムリ、飼ってらっしゃるんですね!
カタツムリが桜の枯れ葉が好きだとは知りませんでした
早速、今日、幼稚園のお庭で拾ってきますね!
良い情報を教えて下さってありがとうございました

トキモ&レディ・カカさんへ
みんみんが校長先生という事は、さしずめ、私は用務員といったところですね。
校長先生は、生徒と遊ぶ事が大好きで、生徒からとても慕われているのですが、まだ未熟なので、生徒のお世話をすることが、得意ではないようです
これからも校長先生と生徒をお守りする為に、用務員の私が、日々、生徒のお世話と環境整備をさせていただきますね

カタツムリの学校は、???

いっぱい孵ると、飼育箱の中は、赤ちゃんカタツムリの学校(木片のブロックで)が必要?かな。
校長先生は、もちろんみんみん。今後が楽しみ!
でも、生物の生命力は、すごい!生まれたばかりは、何を栄養素にしているのかなぁ。大きいカタツムリは、輪切りの人参が好物みたいで、良く食べていたようです。

はじめまして

ワタシもgooでカタツムリネタのブログやってます(^^)ところで左まきはなかなか関東には山いってもいないんですよ~。生殖口の関係で左まきは左まきでしか交尾できないからよほど左が繁殖しやすい環境があったんでしょうね。彼ら桜の枯れ葉も好きですよ。土のうえにばらまいてください

Unknown

再びこにゃにゃちは!

カタツムリは、交尾も自家受精もできるみたいね。
ただ、自家受精の場合は卵の数も少ないらしいので、今回の産卵は交尾したのかもね。
ということは、みんみんちゃんが最初に言ってた通り、パパとママがいる?!のかも^^;

Unknown

カタツムリも奥が深いね。
素朴な疑問なんだけど、一匹でパパとママになれるっていうのは、つまり交尾なしで卵生めるってことなの?
私は勝手に、雌雄同体イコール相手次第でオスにもメスにもなれて、交尾はするもんだと思っていたの(笑)

それにしても、ヤゴに続いてカタツムリとはすごいな~
親子みんなで楽しめるね( ´ ▽ ` )ノ
Secret

プロフィール

bomochan

Author:bomochan
3姉妹ママの子育て日記です。
長女りここ、二女みんみん、三女あんちゃんの三姉妹とコイケルホーンディエのレックス君のママです。

最新記事

楽天ショッピング

最新コメント

カテゴリ

IMG_0623[1]

リンク

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
IMG_0623[1]

amazonショッピング

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。