06
1
2
3
5
6
7
8
10
11
13
14
15
16
17
18
19
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

表示切り替え

動く広告非表示のスマホ版サイトは ここをクリック

トイレコントロール「ワンツー」

おじいちゃんとおばあちゃんが、
「レックスがタイミング良くトイレが出来るように、トイレの兆候が見られたら、ワンツー、ワンツー、と声を掛けてあげるといいよ。」と教えてくれました。

それに慣れると、「ワンツー、ワンツー」と掛け声を聞いただけで、トイレをしてくれるようになるので、こちらの都合に合わせてトイレをしてくれるようになるようです。

子供達に、長距離のお出かけ前にトイレを済ましてもらうような感覚でワンコにもトイレをしてもらえるようになるんですね。

それは便利。
早速、みんなで見守って、レックスがトイレの兆しを見せたらすかさず、ワンツーと声を掛けるようにしました。

ただ、毎回見ていられるわけではないので、トイレをしていても声を掛けられない時もあり、ワンツーと聞いただけでトイレが出来るようになるにはまだもう少し時間が掛かりそうです。

一方で、普段、レックスはサークルの中に入っています。
20161205215758c92.png

誰か1人でもずっとレックスを見ていられる人がいる時は、サークルから出してあげています。

サークルの外で遊んでいる時は遊びに夢中になってしまい、トイレを失敗してしまう事があります。
そこで、トイレの兆しが見られたら、一旦サークルに入れてあげていて、そうすると大抵すぐに、トイレトレイの上でトイレをしてくれます。
用を足し終わったら、またサークルの外に出してあげて、遊ばせてあげるという習慣を続けていたところ、さすが賢いコイケル。
しっかり、学習しました。

そう。
トイレを済ませると出してもらえるはず!と学習してしまったのです。
トイレをする度に、嬉しそうにしっぽを振って、出してくれると信じて疑わない目で見つめてくるレックス。

20161205215802bb9.png

そんな顔で見つめられたら、もう、忙しくても都合が悪くても出してあげるしかないですよね。

「そうだよね。」
「しっかりおトイレでできたもんね。」
「えらいね。」
と、メロメロになりながら、出してあげて、さらに、レックスの脳に、トイレが済んだらサークルから出て遊べる、と刷り込まれていくのでした!

2016120521575669f.png

関連記事
Secret

プロフィール

bomochan

Author:bomochan
3姉妹ママの子育て日記です。
長女りここ、二女みんみん、三女あんちゃんの三姉妹とコイケルホーンディエのレックス君のママです。

最新記事

楽天ショッピング

最新コメント

カテゴリ

IMG_0623[1]

リンク

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
IMG_0623[1]

amazonショッピング

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ