08
1
2
3
5
8
11
12
13
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

表示切り替え

動く広告非表示のスマホ版サイトは ここをクリック

ぐいぐい引っ張るのはやめてください。

レックスがお散歩のときに、リードをぐいぐい引っ張るので、とても危ないです。

特に、鳥や虫などを見つけたときには、突然、強い力で追いかけようとするので、大人でも油断できません。
みんみんやあんちゃんもだんだんとリードを持つのが恐くなってしまって、子供達だけでは散歩に行けなくなってしまいました。
このままでは、いつか誰かが怪我をすることになるかもしれないと、数ヶ月前から本腰を入れて、しつけをしています。

しつけ方は、数ヶ月前に、同胎犬のミルカちゃんとモモちゃんと埼玉県の道満ドッグランに行った時に。ジェイくんとダリくん、という格好いいシェパードを2頭連れた「先生」と呼ばれる方から教わった方法で、実施しています。
5.jpeg
その「先生」は、現役の警察犬の訓練士さんの先生をされているそうで、離れた位置から手の動きだけで2頭のジェイくんとダリくんに「フセ」や「おすわり」の指示を出したりされていて、とても注目を浴びていました。

<しつけの秘策その1>
散歩の時は、右手にリードを持ち、左足でリードを押すようにして前に進むと良い。
(写真で先生に指導を受けているのは、ももちゃんのお母さんです。)
2.jpeg

<しつけの秘策その2>
わんちゃんがリードを引っ張ろうとしたら、右手を右横方向に引っ張って、先に行ってはいけないことを教えてあげる。

<しつけの秘策その3>
わんちゃんがしつけを嫌にならないように、絶えず褒めてあげながら、根気強く、教えてあげると良い。
1.jpeg

<しつけの秘策その4>
歩くスピードを変えたり、急に進む方向を変えたりして、わんちゃんを振り回し、わんちゃんがリードを持つ人の行動を常に意識しなければならない状態に持っていく。

そして、お手本を見せてあげましょう、といって、先生がレックスにリードをつけて、引っ張ってくださいました。
「この子は、やんちゃで物怖じしないですから、少々怒ってください。」
と言って、レックスの性格をずばり言い当ててから、しばらく歩いてくださいました。
4.jpeg

進行方向を急に変えたり、ちょっと小走りになるなどして、進むスピードを変えたりして歩くこと2〜3分。
レックスは、先生が進めば進む。先生が止まれば止まる。といった具合に、すっかりいい子に変身しました。
3.jpeg
すごいです。
感動しました。

このしつけは、リードを引っ張る家族全員が同じ認識で、根気強く3ヶ月ぐらい続けてようやく、しっかり身につくそうです。

先生に教えてもらって以来、約2ヶ月ほど、毎日の散歩で、頑張ってしつけていますが、いまだに、散歩に出てすぐは ふりだしに戻っていて、散歩から帰ってくる頃にようやく引っ張らなくなる状態です。

まだ、しっかり身につくには、しばらく時間がかかると思われますが、子供達でも安心して散歩ができるようになるまで、しっかり、しつけてあげようと思います。

ちなみに、1歳になるまでは、興味があちこちにあって、しつけるのは難しいとのこと。
ジェイくんとダリくんも1歳までは何もしつけずに過ごしていたそうです。
レックスは8月28日で1歳になるので、本格的なしつけはそこからスタートしようと思っています。

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ






theme : わんことの生活
genre : ペット

プロフィール

bomochan

Author:bomochan
3姉妹ママの子育て日記です。
長女りここ、二女みんみん、三女あんちゃんの三姉妹とコイケルホーンディエのレックス君のママです。

最新記事

楽天ショッピング

最新コメント

カテゴリ

IMG_0623[1]

リンク

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
IMG_0623[1]

amazonショッピング

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ