12
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
   

表示切り替え

動く広告非表示のスマホ版サイトは ここをクリック

改名?

みんみん、前回の投稿以降も、情緒不安定になるらしく、頻繁に赤ちゃん返りをしています


 


「ばぶちゃん」と呼ばないとお返事してくれないし、家の中では、「ばぶばぶ」と言いながら、はいはいで移動。


トイレに行きたい時もトイレの前で、電気をつけようとして、はいはいの姿勢のまま、「ばぶっ、ばぶっ」と必死でジャンプ


端から見ると、ちっとも赤ちゃんらしくなく、ただのカエルジャンプなのですが、本人は至ってまじめに赤ちゃんを演じているつもりです。


 


そんなみんみんの姿を見た、あんちゃん


みんみんのことをとてもうらやましいと思ったのか、自分でも必死に名前を考えました


どういう思考回路で導き出した名前なのか、皆目検討がつかないのですが、


新しく決まった名前は、


「にゅ〜ちゃん


「あんちゃん」って読んでも、返事すらしてくれない徹底ぶりです


「にゅ〜ちゃん」って、私にはあまりにも馴染みのない名前なので,なかなか覚えらませんでした


名前を呼ばないと話を聞いてくれないので,必死に思い出して,「にゃ〜ちゃん」って呼びかけると、すかさず、「ちが〜う!にゅ〜ちゃんなの!」と、ダメだしが来ます。


ややこし〜い名前なのに、きちんと把握してるんですね。


ここ2〜3週間ほど、ず〜っと「にゅ〜ちゃん」で通しているので,よっぽどお気に入りの名前です。


 


最近では,さらに徹底してきて、言葉の語尾に必ず、「にゅ〜」がつくようになってきました


「あんちゃんも行くにゅ〜」


「おなかすいたにゅ〜」


といった具合です


家の中だけにとどまらず、外出先でもどこでもところ構わず、使ってくれるので,こちらは大変


たとえば、少し離れた位置にいるあんちゃんを呼び止めようとしても「あんちゃ〜ん」と呼びかけたのでは無視されるので、


大きな声で,「にゅ〜ちゃ〜ん」。みんみんにも「ばぶちゃ〜ん」と呼びかけないといけません


かなりの確率で、誰かが振り返ります。


結構、注目されます。


 


はじめは恥ずかしかったのですが,もう慣れてきてしまってなんでもこい、状態です


人前だろうが、図書館だろうが,父母会だろうが、どこでも「にゅ〜ちゃん、かえるにゅ〜よ。」「にゅ〜ちゃん、おトイレ,大丈夫にゅ〜か?」と平気で聞ける様になってきました


きっと、事情をしらない人には、怪しい家族だと思われてるんだろうな〜。


 


みんみん、あんちゃん、私たちの側からお友達が離れて行ってしまう前に、早く、もとの名前に戻って下さい


絶対ににゅ〜ちゃんよりあんちゃんって呼ばれる方が素敵だと思うよ〜


 


 

東京ディズニーランド


東京ディズニーランドに行ってきました


パパは今までに一度もディズニーランドに行った事のない人で,「仕事を休んでまで行く場所ではない」と、取り合ってくれなかったため、一人で3姉妹+お友達のななちゃんを連れて行く事になりました


 


夜のパレードを見て帰るつもりなので、交通手段は車


その日は、8時半開園


そこそこ遅くない時間に着けるかな〜と期待して,朝7時15分ぐらいに家を出たのですが、すぐに自分の認識不足を痛感しました


渋滞、渋滞,渋滞


どこもかしこも車、車,車


そうですよね〜、都心部に向かう朝の通勤時間帯。混まないわけがないですよね〜


 


我が家の車にはカーナビがついていないので、首都高の運転は少し不安でしたが、渋滞していたお陰で,スピードを出さずに済み、なんとかなりました


くねくね道の多い首都高の道路は、遊園地のゴーカートに乗っている感覚で運転でき、楽しむ事ができたぐらいでした。


 


調子に乗って運転していたら,最後に一度だけ,ピンチがありました


左車線がやけに混んでるな〜と思いつつ、走行車線を走っていると、随分進んだところで、私の降りたい出口表示が現れました


どうやらほとんどが、ディズニーリゾートへ行く車で、出口表示が出てくる前からのろのろ運転を強いられていたようでした。


こういう状況の時って,車線を変更しようとしてもなかなか入れてくれないんですよね


一つ先の出口で降りる事も視野にいれつつ、車線変更を試みると、なんとなんと、すんなり入る事ができました


入れてくれたのは,隣に彼女らしき人を乗せた、お兄さん。


みんなで、「お兄さん,彼女に良いところをみせなくちゃいけないから、優しかったんだよね〜。きっと、彼女じゃなくて男友達と一緒だったら、入れてくれなかったよね〜。」なんて、お兄さんのご好意を踏みにじるような意見をかわしつつ、なんとか無事にディズニーランドに到着しました


 


着いた時間は,9時半。


もう、ディズニーランドの中は、人,人、人


全てのアトラクション前には長蛇の列


移動するのも大変,トイレに行くのも大変,食事を食べるのも大変


 


そして、最初のアトラクションに並び始めた時に、とうとう、みんみんの症状が出てしまいました


「おしっこに行ったばかりなのに,変な感じがする〜。」とのこと


それから、ママの長い長い戦いの1日が始まりました。


みんみんを常に、おんぶor抱っこで連れて周り、赤ちゃんに対する態度で接し、その状況を面白く思わないあんちゃんのご機嫌を取りつつ、またもやみんみんのケアをし・・・といった感じでず〜っと気を使いっぱなしでした


みんみんの機嫌は次第に落ち着いてきましたが,再発する可能性を考えて,移動は常におんぶ。


いやはや、疲れました


今、思い出しても大変な状況でしたが,さすがはディズニーランド


そんな状況にも関わらず、とても楽しむ事ができました。


あんちゃんは人魚姫アリエルのおへそを見て,「寒いじゃないか〜、おなか、しまって〜」といつぞやプリキュアの変身シーンをみて興奮していた時と同じ台詞を言ったりして,ママ達を楽しませてくれました。


パレードも花火も堪能し、閉園時間までめいっぱい遊んできました



 


帰りの車ではこどもたちは全員,爆睡


夜間工事の影響で、首都高も一般道もすごく混んでいましたが,なんとか無事に帰ってくる事ができました。


 


到着時刻は真夜中の12時


まず、お友達のななちゃんをおうちに送り届けると、ななちゃんパパが出迎えてくれました。


ななちゃんちは、一軒家。


寝ているななちゃんをそのままお布団まで運んでくれるのかな〜と思いきや,パパはななちゃんを揺り起こし、自分で歩いて帰らせていました。


ななちゃんは、その後、きちんとお風呂に入ってから寝たそうです。


ななちゃんは三姉妹の三女。さすがにしっかりしていて、感心する事しきりです。


 


そして、車は我が家へ到着


我が家はエレベーター無しの3階。


起こそうかどうしようか悩みましたが,良い夢を見させてあげたいな〜と思い、3人とも担いで運ぶ事を決断


せめて、りここだけにでも歩いてもらえば良かったのかもしれませんが,薄目を開けて寝たふりをしているりここの気持ちが痛いほど伝わってきたので,ママ,頑張っちゃいました


そしてそのまま三姉妹は洋服も着替えずに夢の世界へ・・・。


しっかりもののななちゃんとは大違いです。


 


案の定、しばらくの間,ママの腕は筋肉痛でがっちがち。


でもでも、みんな、みんな、とっても楽しかったらしく、良い思い出ができました

プロフィール

bomochan

Author:bomochan
3姉妹ママの子育て日記です。
長女りここ、二女みんみん、三女あんちゃんの三姉妹とコイケルホーンディエのレックス君のママです。

最新記事

楽天ショッピング

最新コメント

カテゴリ

IMG_0623[1]

リンク

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
IMG_0623[1]

amazonショッピング

にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ